スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボークス A3 2009 LIMITED F-16 ファイティング・ファルコン

先日、注文したF-16が届きました


 

さっそくいってみよーかー

正面と後

米国陸軍
F-16 ファイティング・ファルコン
[ゼネラルダイノミクス]

米国軍が開発した第二世代機、F-14、F-15は非常に高い能力を発揮したが、その性能ゆえにコストも高騰していた。
そのため国防費を圧迫し、配備構想で必要とされる機体数が確保できないという事が発生。
その打開策として浮上したのが“Hi-Low-Mix構想” 高価高性能の戦術機と同時に安価な戦術機を配備する事で、数の不足を補うというものであった。
元来は技術研究目的で行われていた軽量戦術機計画 通称LWTSF(Light Weight Tactical Surface Fighter)計画が実戦機開発のための計画へと格上げされ、F-16が誕生する。
F-16はHi-LowのLowとして1986年から米国軍で配備が開始されただけではなく、旧式化が進んでいたF-4、F-5Eの後継機として、諸外国への輸出も積極的に行われた。
小型軽量ゆえに拡張性に乏しいという問題は終始付いて回る事になったが、実戦に於いては高い機動力、運動性から近接格闘戦にも高い適正を見せた。
殲撃10型や、ラビなど、外部形状が大きく変わった各国改修機が存在するのは、F-15と比べて設計余剰がないことに起因している。(メカ設定資料集より)


ガンダムは高価だから安価なジムを作りましょうって事だね(ぇ



顔アップ


だそうです





F-4と同じく肩部前面装甲が独立して可動します。が、上腕自体は前後に可動しないため
まったく意味がありませんな(´д`)



特徴的な膝の突起


ナイフはこのように格納されているそうでふ



毎度おなじみ「膝裏のアレ」は一体化されていて外れません(殲撃10型と同じです)




フル装備&ポーズを付けてみた

スタンドがあればもっと色々なポーズをつけられるんだけどねorz




殲撃10型と一緒



ラウンドモニターと角を付ければ、殲撃さんの出来上がり



ついでに殲撃と先行量産ラプたんものっけとこう(ぇ




こっちはF-16を性能強化したイスラエルのラビ

米国と共同開発していたけど、途中で米国が降りたために計画中止になりかけたところ、統一中華戦線が共同開発を持ちかけ、完成したのがラビと殲撃10型デス


結構動いてくれるんですけど、跳躍ユニットを動かそうとしたらA-Lockがパカっと真っ二つに外れてしまったので注意が必要デス



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Kiwa

Author:Kiwa
まったりやります

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
境界線上のホライゾン
境界線上のホライゾン ..
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Pixiv
真剣で私に恋しなさい!S
恋色空模様 after happiness and extra hearts
恋色空模様 after happiness and extra hearts
ランスクエスト
『ランス・クエスト』を応援しています!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。